インプラント歯科治療で、歯を再生する【歯を丈夫に】

治療法を知る

近年では、歯を失った場合の治療として、インプラントが注目されています。このインプラントとは、歯を失った場所の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋めて、その上から人工歯を装着する施術です。 このインプラントで使われているチタン製の人工歯根は、顎の骨と結合する性質があります。ですから、一度施術すると骨にしっかりと固定されて、自分の歯のように噛むことができます。歯を失った時の治療として入れ歯がありますが、入れ歯は食事時によく咬めないという悩みを多く聞きます。そのような入れ歯の欠点をカバーすることができます。 また、インプラントの人工歯にはセラミックを使用しています。なので、見た目も自然に仕上がり、他人に施術がばれることがないです。

インプラント施術を受ける時の大まかな流れについて説明します。まずは、患者の詳細なデータを取るために、CTやレントゲンで検査を行います。そして、検査結果をもとにして治療方針を立案します。 次に第一次手術として、顎の骨に人工歯根を埋入します。この手術では、局所麻酔を行うので痛みを感じることはないです。施術後は、人工歯根と顎の骨がしっかりと密着するように治癒期間をとります。個人差がありますが、基本的に3ヶ月から6ヶ月程度の時間をおきます。その後、歯の色に合わせて人工歯を装着する施術を行います。インプラント治療後は、定期検診でメインテナンスをしっかり行う必要があります。そうすれば、長く快適に自分の歯のように使用することができます。