インプラント歯科治療で、歯を再生する【歯を丈夫に】

矯正する

前歯を矯正するなら、よっぽど難しい症例でない限りは一般的な歯列矯正で十分ですが、もし同じ前歯でも、上の歯より下の歯が出ているときには注意が必要です。上あごと下あごがずれている、反対咬合の可能性があるからです。反対咬合は受け口ともよばれ、噛み合わせが悪いため、食べ物を良くかんで食べることができなかったり、発音が悪くなってしまったりすることがあります。反対咬合の治療は、大人になってからではあごの成長が大きくなりすぎて、治療不可能になる場合があるので、小学生のうちに一度矯正歯科医に診てもらった方がよいでしょう。治療できなければ、最悪の場合手術をしなければならなくなることもあるからです。ですから早めの受診がよいのです。

歯並びが悪くて矯正歯科治療を始めるにしても、小学校高学年あたりから始めるのがよいとされています。ちょうど永久歯が生えそろう時期なので、治療に最も適しているからです。最近の歯列矯正治療は、おしゃれに治療できるようになってきました。どうしても治療中は、前歯の矯正器具が目立ってしまいます。しかし最近は、ホワイトワイヤーを使用していたり、前歯の裏側に器具を装着させたりするなど、目立たない治療が人気があります。また、矯正器具をカラータイプにすることにより、自分の好きなカラーを使用することができるので、おしゃれに見えるようになっているものまで登場しているのです。これからももっと進化を続けていくことでしょう。